Rubyライブラリ"counterparty_ruby"を使ってみる(1/3)

f:id:yzono:20150116003832p:plain

はじめに

今回は、Counterparty Community DirectorのChris DeRose(@derosetech)が開発したRubyライブラリcounterparty_rubyを使ってみます。READMEを見るとかなり簡単にRubyからCounterpartyAPIを呼べるようになっています。

目次

  • ライブラリセットアップ
  • gemインストール
  • RPC接続情報設定
  • サンプル実装(burn情報取得API)
  • RPC接続情報更新
  • 実行

ライブラリダウンロード

$ cd ~
$ wget https://github.com/brighton36/counterparty_ruby/archive/master.zip
$ unzip master.zip
$ cd counterparty_ruby-master 

gemインストール

sudo gem install rest-client
sudo gem install bitcoin-ruby

RPC接続情報更新

ユーザー、パスワード情報を変更してください。

/home/xcp/counterparty_ruby-master/lib/counterparty/connection.rb

def initialize(port=14000, username='rpc', password='xcppw1234', host='localhost')
  @host,@port,@username,@password=host.to_s,port.to_i,username.to_s,password.to_s
  @timeout = DEFAULT_TIMEOUT
end

サンプル実装(Burn情報取得API)

/home/xcp/counterparty_ruby-master/demo_burn.rb

require 'counterparty_ruby'

burns = Counterparty::Burn.find order_by: 'tx_hash', order_dir: 'asc',
start_block: 1, end_block: 318432

puts "First burned via: %s" % burns.first.source
# => n3FoXMcK2mQFBUwyHxmjxqMnacYQZYDR1y

実行

Burnされたアドレスが1件表示されます。

ruby -I /home/xcp/counterparty_ruby-master/lib demo_burn.rb

まとめ

しばらくcounterparty_rubyや@Chrisのことを書くつもりです。

参考

Github brighton36/counterparty_ruby