読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google Chrome ExtentionのStorage、Notification、Popupを使ってみた

はじめに

前回、Extentionアイコンに数字を表示するところまで実装しました。

スクリーンショット 2016-01-04 23.26.56.png

今回はStorage、Notification、Popupの3機能を追加します。

Storage

過去の数値と比較して、変化があった場合に通知を送る機能を実装するためchrome.storage APIを使います。localStorageとの違いは、localStorageとの違い が分かりやすいです。

localStorageに比べて便利ですが、chrome.storageの場合は、保存と取得が非同期で処理されるため、その点だけ注意が必要です。

保存

chrome.storage.local.set({'identifier': identifier}, function(){
  // hoge
});

取得

chrome.storage.local.get(['identifier'], function(storage) {
  console.log(storage.identifier);
});

Notification

スクリーンショット 2016-01-05 21.57.15.png

画面右上にこの通知を表示します。実装はこの1行でできます。

new Notification('Tip Receive Notification', {icon: 'images/icon_48.png', body: 'You received new tip. ' + object.result.count + ' Tips are not returned.'});

Popup

スクリーンショット 2016-01-05 21.43.07.png

Popupを表示するにはpopup.htmlが必要です。background.jsとのデータ連携にはchrome.extension.getBackgroundPage()を利用します。Google Chrome拡張の作り方 に詳しく書かれています。

manifest.json

"browser_action": {
  "default_icon": "images/icon_16.png",
  "default_title": "Tip Monitor",
  "default_popup": "popup.html"
},

popup.html

<script src="js/jquery.min.js"></script>
<script src="js/popup.js"></script>
<div>
  <input type="text" id="identifier" placeholder="Enter Your Identifier">
  <input type="button" id="save" value="Save" />
</div>

popup.js

$(function(){
    var backgroundPage = chrome.extension.getBackgroundPage();
    $('#save').click(function(){
        backgroundPage.saveIdentifier($('#identifier').val());
    });
});

まとめ

次回はAngularJSの導入などやる予定です。ソースはgithubに置いてます。

参考

chrome.storageでchrome extension用のデータを保存・取得

Sample Extensions

localStorageとの違い

Google Chrome拡張の作り方(その3:ポップアップ表示とバックグラウンドスクリプトとの連携)

TipMe

TipMe with IndieSquare