総務省 労働力調査 長期時系列データ(Excel)をpandasで読み込む

就業者数の推移が気になった

リーマン・ショック民主党政権、第2次安倍内閣。ここ10年ぐらいの就業者数の推移が気になったのでグラフ化しました。

労働力データ取得

import pandas as pd
import urllib.request as urllib2
link = 'http://www.stat.go.jp/data/roudou/longtime/zuhyou/lt01-a30.xls'
socket = urllib2.urlopen(link)
xls = pd.ExcelFile(socket)
df = xls.parse(xls.sheet_names[0], skiprows=10, header=0, skip_footer=3)
df.columns = ['A','B','C','D','E','F','G','H','I','J','K','L','N']
df = pd.DataFrame({'Total': df['E']})

日付はdate_rangeで生成

rng = pd.date_range('1/1/1953', periods=756, freq='M')
df['Date'] = rng

グラフ化

import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np
x = np.array(df['Date'])
y = np.array(df['Total'])
plt.plot(x, y)
plt.show()

スクリーンショット 2016-02-22 01.20.19.png

2007年から2015年までの期間

x = np.array(df['Date'][648:])
y = np.array(df['Total'][648:])
plt.plot(x, y)
plt.show()

スクリーンショット 2016-02-22 01.41.08.png

まとめ

安倍内閣の間に雇用が150万人増えていることが分かります。参考数値として鹿児島県の人口は約160万人。ほぼ同数の雇用が増えたということですね。政府は一億総活躍社会の実現を目指していますが今後の就業者数の推移が楽しみです。

参考

労働力調査 長期時系列データ

データを取り込む・格納するための方法を理解する

Time Series / Date functionality

Python pandas で日時関連のデータ操作をカンタンに

鹿児島県毎月推計人口(平成28年1月1日現在)

TipMe

TipMe with IndieSquare